忍者ブログ

ane memo

基本スコアの覚え書きなのでご覧頂く価値は殆どないと思われます

2019'09.22.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'11.22.Thu
Objectivo cumprido (Quarta-Feira , 21 Novembro 2007)

ひでぇ試合だったけどな
 EURO 2008 本戦への出場権をようやく手に入れましたよ、ポルトガル代表が。
 現代表のあまりのすっとこどっこいな試合っぷりに、毎試合真剣に気にかけてたら胃がもたんわと、EURO予選は試合結果のチェックはするものの、リアルタイムで観戦はしてなかったんですが、さすがに今朝の試合は大一番(勝利もしくはドローで大会への出場切符が手に入る。)、早起きして(でも寒さのあまり布団をかぶったまま)前半の途中あたりから観てました。
 いやしかしひでぇ試合内容だった。
 主要選手に怪我人が続出しててある意味ギリギリのところで戦っていたというのは解ってるんですけど。選手層が薄いっていうのは、こういうときに猛烈に痛いね。代わりがおらんのだ、同じレベルでの代わりが。

通常は守りに入ったら失点しがちなもんだけど
 フィンランド相手にはどうやったってフィジカル的に劣るので、当たり負けするのは織り込み済み。もちろんヨーロッパ圏内で体格に優れていないのは今に始まったことじゃないので、元々代表の場合、こっちから当たり勝負に行くってこともないんですが(これがクラブチーム同士の試合になると全く逆になるのはおもしろい。ガツガツ当たって行くからね。荒削りな印象。)、活路である機動力が死んでて、挙句ロングパスも通せない。
 ストライカー不足も慢性的な問題なので今更決定力の無さを嘆いても始まらないけど(どこぞの国の代表とおんなじだ)、中盤から打てる子たちがこぞって怪我で欠場中っていうのは流石に相当厳しかったですな。
 よくまああの面子とあの試合展開で無失点ドローに持ち込めたもんだ。絶対、最後の最後、フィンランドの全員攻撃の前にDFラインが押し切られると思ってたもん。

 ロスタイムに失点して負けると覚悟していた香具師の数→(1)

 根がネガティブなもんで。
 すみません。


 グループ分けの結果次第で本大会のグループリーグ敗退も在り得ると覚悟はしてます。ただ、怪我人が順調に回復してベストの布陣が敷けるなら、決して恥ずかしい試合をするようなレベルのチームではない。
 本戦ではぜひともポルトガル「らしい」試合を見せて欲しい。それを観るのが楽しみなんですよ。

公式サイト UEFA EURO 2008
 ⇒http://jp.uefa.com/competitions/euro/

ポルトガルサッカー協会公式サイト
 ⇒http://www.fpf.pt/

----------
ヤバイのは知ってたので
 覚悟はしてたんですけど、いざ決定するとやっぱりショックだなあ。
 ⇒イングランドの予選敗退が決定

 後でイングランド代表に詳しい友に聞いてみなきゃ、なんですが、現状の代表、何が穴だったんだろう。やっぱりDFだったのかなあ。(GKが穴なのは諦ry)プレミアの試合もほとんど観てないので知らないことが多すぎだ。
 出場国については大会が始まる前に予習しとかんといかんな。
trackback
この記事のトラックバックURL:
[963] [962] [961] [960] [959] [958] [957] [956] [955] [953] [952
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新CM
(12/28)
(09/12)
(09/12)
ブログ内検索
QRコード
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:

・蜜柑の国出身:東京都在住。
・赤い鯉達に関東より声援を送っています。
・美しくも勝てなかった頃のサッカー葡萄牙代表を愛して止みません。

広告
PR

ane memo wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]