忍者ブログ

ane memo

基本スコアの覚え書きなのでご覧頂く価値は殆どないと思われます

2019'09.22.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'06.27.Wed
<!--変遷メモここから-->

元ちゃんの一昨日の発言(スポニチ)
今後の対策として振り込み量アップを提言。「全体的にスイングが鈍く見える。練習をこれだけやったという自信のよりどころになると思うし、自分から進んでバットを多く振ってほしい」。

山本一義さんが同じような点を指摘(ニッカン)
 同氏は最後に、ブラウン監督に「米国と日本のシステムの違いを認識すべき」と忠告した。
 山本氏「たくさん米国の野球を見てきたけど、メジャー式というのは日本では忘れた方がいい。メジャーに上がる選手は途方もない努力をして、何百分の1の確率ではい上がってきた、完成された選手。日本ではたかだか1球団70人だろう。メジャー扱いしていいのは数人だよ。ほとんどが半人前。鍛えて、鍛え抜かないとレギュラーは務まらない。休養を与えたり、過保護にしていたら永遠に育たないよ。半人前の選手をマニュアルに当てはめても、思い通りに動かないのは当たり前じゃないか」。



昨日、実際に小早川コーチが始動(スポニチ)
 「ロングティーは小早川コーチのアイデア。きょうの練習で抱えてきた問題が解決されることはない。メンタルも重要だから。ただ自信を持って我慢して一つのことを続ける精神力は重要。充実した1日でした」
 コーチ陣の意見を尊重し、昨年なかったシーズン中の猛練習を取り入れたブラウン監督。


<!--ここまで-->

----------
原点回帰
 マーティのやろうとしている意識改革を悪いとは思わない。でも、投手の投げ込みも打者の振りこみも、選手にとってそれが気持ちの上での支えになるなら(それだってメンタル面での好影響につながることな訳だし)、OK出してやらせてみてくれないかな、って交流戦で負け続けている間中思ってた。それともシーズンに入ってからじゃ手遅れなのかな、とも考えて不安になってた。

 故障も厭わない、無理をするだけの猛練習は要らないけど、自信を回復するために必要だという理由での練習なら、それが数をこなすだけとマーティの目に映るものであっても、今はどんどんやらせて欲しい。

----------
目指す野球の姿
 何がしたいのか、どこを目指しているのか、そういうビジョンの見えない試合はもうイヤです。
 後半戦では、頑固だけど愚かではない監督にこれからも期待して付いてくよ、って言いたくなるような試合がたくさん見たい。

----------
ウチのオーナー
 しかし、元ちゃんはほんとにフットワークが軽いな。ベースボールドッグを自ら撫でる球団オーナーがいるチームなんて、なかなかないよね? 言動にブレがない点が、私は好きだ。
trackback
この記事のトラックバックURL:
[668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659] [658
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新CM
(12/28)
(09/12)
(09/12)
ブログ内検索
QRコード
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:

・蜜柑の国出身:東京都在住。
・赤い鯉達に関東より声援を送っています。
・美しくも勝てなかった頃のサッカー葡萄牙代表を愛して止みません。

広告
PR

ane memo wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]