忍者ブログ

ane memo

基本スコアの覚え書きなのでご覧頂く価値は殆どないと思われます

2019'09.19.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'03.05.Mon
久々に
 ほんっと〜に久々に、ルイのインタビューが海外蹴球雑誌に掲載されたので、遅蒔きながら本日目を通してみました。>WSK
 古巣の赤鷲に復帰後すぐに故障して前半戦のほとんどを棒に振って、昨年12月にやっと復帰したかと思えば冬季休暇明けの2月の半ばに再び怪我だとかいう、何に呪われとるんだろうか…orzな彼なので、現状を思うに正直インタビュー記事を読むのも辛いっちゃ辛かったんです。
(因みにインタビューは二度目の怪我の二日前に収録。なので、明るい内容に終始していて、だからこそ却って現実が痛くてねぇ…。)

 でも、結論としては勇気出して読んでみて良かったな、と。

----------
GJ!
 今季終了後、大将がサウジアラビアのチームへ移籍することについてルイにコメントを求めてくれたインタビュアーGJ!(笑)
 それに対するルイの返答が、フィーゴは偉大な選手、どこでプレーするかは問題じゃない、という内容で、そのコメントが嬉しくてエントリタイトルにさせて貰いました。(古巣緑獅子に復帰した大将とのダービーは想像したこともない、って言ってたけど……ほんとに?本気でこれっぽっちも??? 本当にそうだったのだとしたら、真に大将の気持ちが判ってたからこそだとも解釈できる訳で、うん、それも嬉しいな。……そんな解釈は穿ちすぎだと判ってるけど(笑))

 残念なことに「逆」は滅多にないんだよね、大将に向かってルイについてのコメントを求めてくれるインタビュアーっていなくって。大将が彼のことをどう思ってるのか、すごく知りたいのにな〜。
 因みに次号には大将のインタビューが載る模様。今号のルイインタビューを踏まえてルイのこと大将に訊いてくれないかな?

----------
一番の収穫
 今回のインタビューにおける最大の収穫は、ルイが、代表でプレーしていた時分の己に対して満点の点数をつけているのだと判ったこと。EURO2004の結末がどうであれ、本人が代表で過ごした日々に100点という評価を下せているのなら、もう部外者の私が口に出来る無念は何もない。
 2年半もの年月を経て、ようやくいろんなものを有りのままに受け止めて飲み込み消化することが出来たと、やっと感じられました。そのことだけで、長く読むことを躊躇っていたルイインタビューに目を通してみて良かったと、心の底から思えてます。

 なんか、ようやく、やっと、ずーっとずーっと(不本意ながら)引きずっていたものから、ついに解放された〜!!っていう気分。
 ホッとしました。はい。
trackback
この記事のトラックバックURL:
[453] [452] [451] [450] [449] [448] [446] [445] [444] [442] [441
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新CM
(12/28)
(09/12)
(09/12)
ブログ内検索
QRコード
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:

・蜜柑の国出身:東京都在住。
・赤い鯉達に関東より声援を送っています。
・美しくも勝てなかった頃のサッカー葡萄牙代表を愛して止みません。

広告
PR

ane memo wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]