忍者ブログ

ane memo

基本スコアの覚え書きなのでご覧頂く価値は殆どないと思われます

2019'09.16.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006'10.13.Fri
・己的今季ペナントレース生観戦最終戦

横浜1 - 1ヤクルト

球場到着。


 熊ファンの友のためにスポーツ紙の朝刊をキオスクで漁ったり、コンビニで小腹が空いたときのためのお菓子を買ったりしてのろのろ出かけてもこの時間。多分ウチの会社からだとこの球場が一番近いんじゃなかろうか。乗り換えしなくていいっていうのもポイント高し。

 だがしかし、この日の神宮は寒かった!
 昨日もそこそこ寒かったんで上着も厚め、ひざ掛けの準備にもぬかりはなかったんですが、それでも寒かった!ので、速攻で酒(梅酒 180ml ¥450)とあったかい食べ物に走りますた。

あったかい食べ物(たこ焼き:8コ入)

「焼き」というより「揚げ」っぽい感じ。ソースはオタフク。同じ450円払うなら、お好み焼きより断然こっちがお勧めです。うまかった。タコも大きくて歯ごたえバッチリだったし。

 梅酒をちびちび舐めながら、特別料金の外野自由席の中段あたりからまた~りと観戦開始です。


----------
本日の先発はガトームソン(またかー!)とアゴ門倉さん。


 鶴岡(横浜)の第一打席「気合で持って来い鶴岡!」の応援に笑ったです。

 両投手の投げ合いで、ヒットは出るもののなかなか得点に至らないまま淡々と進んでいく試合。先に点を取ったのはホームのヤクルト。2塁打の青木をラミちゃんがホームに返して1点。

 横浜は8回、代打はスーさんの3塁打で同点に。

3塁塁上の鈴木さん。


 明日も仕事だし、なんたって寒いし、もうどっちでもいいからちゃっちゃと決めちゃってくれよー!という願いも虚しく試合の方は延長戦に突入。

 寒さに負けかけて、もう帰ろうと何度も思ったんだけど、これが己の今季生観戦最終戦(の予定)になるんだと思ったら、やっぱり最後まで見届けたいという気持ちもあって、結局最後まで球場に居たのですが……。

 12回裏。
 
 キタコレ!

まずは代打・オレ。

球場内に流れる登場選手紹介でも「代打・オレ」って言われてたw

 代打・オレを生で見るのは先月15日に続いてこれで2度目。

 で、古田さんレフト前ヒットの後、代走がコールされまして……

 それが、なんと、

神宮のカツーオくん!

マジっすよ。

 一瞬野手にも石川って居たんだっけ!?って思ったんだけど、背番号19のコールを聞いて、夢でも幻でもないな、と(笑)
 この衝撃、代打・広池なんかメじゃなかったw

(そもそも投手で代打っつーと、桑田さんのアレがあるから。広池さんはバント失敗だったけど、あの人はしっかりヒット打っちゃったし。そのインパクトが強すぎて、代打に投手が出て来てもそこまでは驚かないのだ。)

 で、ここでレフトスタンド(※ライトではない)から「石川ー!走れよー!」やら「単独 スチール!!」などの声が。
 おっちゃんたち完璧楽しんどるw

 いや、わたしも相当楽しませて貰いましたが。最後まで残ってたおかげでこんな面白いものが観られて良かったですよ。うん。

試合はドローのままで終了。


 この試合が横浜の関東での最終戦だったからだと思うんですが、3塁側のお客さんの中には花束を持って座っている人の姿も。選手が引き揚げて来る通路に近いところに席を取っていらっしゃったので(※今日は内外野共年間&特別指定席以外は自由席だった)、帰りに渡すつもりだったみたいです。

----------
それでは最後に。

(敢えてサイズ調整はしませんでした。)
trackback
この記事のトラックバックURL:
[336] [329] [328] [325] [322] [319] [318] [317] [316] [314] [313
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新CM
(12/28)
(09/12)
(09/12)
ブログ内検索
QRコード
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:

・蜜柑の国出身:東京都在住。
・赤い鯉達に関東より声援を送っています。
・美しくも勝てなかった頃のサッカー葡萄牙代表を愛して止みません。

広告
PR

ane memo wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]